人類の多年にわたる文化的・科学的成果を糧として、無用な固定観念に阻まれることなく、持続的に思考し、21世紀の新時代を展望したい

会社概要アイコン会社概要

ごあいさつ

 20世紀は、過去のどの時代よりも大量生産し、大量消費・廃棄することにより、人類の生活向上と人口の飛躍的増大を可能にしてきました。ところが、「先進国」におけるこの物質的豊かさは必ずしも真の幸福に直結せず、人間精神の荒廃をもたらすとともに、それは自然破壊という形で21世紀における人類の存続条件をも脅かすという逆説をもたらしています。また、20世紀は、民族・宗教対立による憎悪、差別と抑圧、そしてなによりも「大義」のための戦争による人類同士の大量殺戮の時代という「戦争の世紀」でもありました。
 21世紀を迎えて、規制緩和、情報技術(IT)革命そして国際競争の激化等により、資本と商品と労働力がますます国際的に移動しはじめました。このことは一方では、各国の生産力を高めつつも、他方では一層の市場原理主義化、不安定就労の拡大、地域間格差の拡大とともに文化の画一化といった新たな問題も惹起してきています。このような国際環境の変化は、国々や人々の間の相互依存を格段に深めはじめ、多くの問題が国際的な枠組みで解決していかなければならないことを示しています。
 これらの課題に対して、私達はまだその本質的な解決策を見いだすことができないでおり、今世紀に引き継がれた課題といえます。幸い人類の多年にわたる自由獲得の成果である日本国憲法とその平和主義をはじめとした、人文・社会・自然科学における広範な分野の蓄積された文化的・科学的成果があります。今世紀の私達は、それらを糧として、無用な固定観念に阻まれることなく持続的に思考し、これからの困難な事態にも対峙し克服していかなければならない責務があるのではないかと考えます。

2001年1月
代表取締役  佐藤 守

Greetings

 In the 20th century, mass production, mass consumption, and disposal have enabled human lives to improve and dramatically increase the population compared to any past era. However, this material wealth in the "Developed Nations'' does not necessarily lead to true happiness but leads to the devastation of the human spirit, and along with the devastation of spirituality, it has brought the paradox of threatening the conditions of human existence in the 21st century in the form of destruction of nature. The 20th century was also a "Century of War," an era of mass murder between human beings due to hatred, discrimination, and repression due to ethnic and religious conflicts, and above all, a war for "The Cause".
 Entering into 21st century, deregulation, the information technology (IT) revolution, and intensification of international competition have led to beginning an increasingly international movement of capital, goods, and labor. This is on the one hand, even while increasing the productivity of each country, on the other hand, it has also caused problems, such as further market fundamentalism, unstable employment expansion, widening regional disparities and uniform culture. Such changes in the international environment have shown that interdependence between countries and people has begun to deepen and that a lot of problems must be resolved in an international framework.
 Because we still cannot find the essential solutions to these problems, it can be said it is a challenge that has been taken over in this century. Fortunately, there are accumulated cultural and scientific achievements in a wide range of fields in the humanities, society, and natural sciences, including the Constitution of Japan and its pacifism as a result of human beings' freedom acquisition for many years. In this century, we believe that we must use them as sustenance to continue thinking without being hindered by useless stereotype and to confront and overcome difficulties in the future.

January, 2001
Representative Director
Mamoru Sato

会社概要

【商号】株式会社 大学教育出版
UNIVERSITY EDUCATION PRESS Co.,Ltd.
【所在地】〒700-0953 岡山県岡山市南区西市855-4
855-4 Nishiichi Minami-ku Okayama-shi, Okayama
700-0953 Japan
【連絡先】TEL : 086-244-1268(代表)
TEL : +81-86-244-1268
FAX : 086-246-0294
FAX : +81-86-246-0294
【URL】https://www.kyoiku.co.jp/
【E-mail】info@kyoiku.co.jp
【事業内容】学術図書の企画・出版・販売
大学院・大学・短期大学・専門学校向けの教科書の企画・出版・販売
eラーニングによる語学(大学・高等学校・中学校・一般向け)教材の販売
【代表者】代表取締役 佐藤 守
【設立】1991年3月
【資本金】1200万円
【組織】総務部・編集部・営業部

アクセスマップ

●電車をご利用の方
JR瀬戸大橋線・宇野みなと線(宇野線):備前西市駅下車徒歩7分
●自動車道をご利用の方
瀬戸中央自動車道:早島I.C.下車、国道2号線(上り:岡山・大阪方面)へ
●国道2号線をご利用の方
米倉交差点より県道岡山児島線(上り:岡山市内方面)へ